コレステロールを下げる生活習慣ガイド~かんたん対策~

コレステロールの数値は食生活や運動不足、肥満体型や遺伝的な要素などが原因で高くなると言われていますから、こういった原因に思い当たる節がある人は定期健診などでこの数値が高いと判定された人も多いかもしれません。
血液中にコレステロールが増えた状態は脂質異常症と呼ばれていて、この状態が長引きますと動脈硬化を引き起こす可能性が高く、命にかかわるような病気になりかねないので、日頃の食生活でこの数値を下げるに効果的な食材を摂取するようにした方が健康を守るためにも必要になってくるでしょう。
コレステロールの数値を下げるのに効果的な食材には、海藻に含まれているヌルヌルした成分の水溶性食物繊維がコレステロールの排出を促したり、吸収を抑制したりする作用があるのでヒジキや昆布、わかめなどを食生活の中に取り入れるようにするのが良いでしょうし、コレステロールの数値を下げる多価不飽和脂肪酸を多く含む青魚のイワシやサンマなども食生活に取り入れてみると良いかもしれません。
またコレステロールの数値を下げるのに効果的な食材にはアーモンドなどのナッツ類やきのこ類、大豆製品などがありますし、一価不飽和脂肪酸を豊富に含むオリーブオイルなども効果的な食材だと言われていますから、調理の際に使う油をオリーブオイルに変えてみるというのもよいかもしれません。
ただコレステロールの数値を下げるようにする時はこの数値を下げるのに効果的な食材の摂取を心がけるだけではなく、運動不足などのこの数値を高める原因となる生活習慣もあわせて改善するようにした方がよいでしょう。

大人気の記事


このページの先頭へ戻る