コレステロールの新基準値の一覧サイト~最新2014年情報~

近年では肥満や高血圧など生活習慣病が多くなっており自分の身を心配している人も多いでしょう。
今まで異常値にあったコレステロール値などの検査結果の人はもう一度見直してみてください。2014年に5万人のデータを解析した結果正常値が見直され新基準が設定されたのです。今まで異常値とされていた人も正常値なのかもしれません。
まずは最高血圧です。以前は130mmhg未満が正常とされてきましたが、2014年の新基準では88から147mmhgの間が正常値と変更になりました。低すぎる血圧もよくないということですね。
次に肥満度であるBMIです。以前は25未満が正常とされていました。しかし、脂肪のつき方は男女差があることもあり男女別の基準値が設定されました。
最後にコレステロール値です。コレステロール値は総コレステロール値とLDLコレステロール値の2種類があります。この2種類は以前は男女共通の一つの基準値でしたが、2014年新基準から男性は1種類の基準値、女性が年齢別に3段階に設定されています。男性は年齢を重ねてもあまり基準値が変化することはないのですが、女性は年齢により閉経などホルモンバランスの変化が大きくあるため、このように年齢ごとに基準値が分けられるようになりました。
あなたの健康の基準を新基準でもう一度見直してみてはどうでしょうか。今まで異常だった方も性別や年齢を考慮された新基準では健康なのかもしれませんよ。

大人気の記事


このページの先頭へ戻る