コレステロールを下げる食事メニュー※コレステロール高い方必見

コレステロールが血管壁に付着することは、様々な弊害をもたらすものです。高血圧、動脈硬化、血栓のほか脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中などのリスクも高めることになるのです。またメタボリックシンドロームや肥満、糖尿病など生活習慣病のリスクも高くなるのです。コレステロールの蓄積は脂質過多な食生活と、運動不足によってもたらされるのです。とくにタンパク質を肉類などから摂取する傾向にあるとどうしても血液がドロドロになりコレステロールが蓄積するようになるのです。そのためコレステロールを下げる食事メニューとして有効なのが、青魚や野菜を中心としたメニューだと言えるのです。青魚にはEPAやDHAなどを多価不飽和脂肪酸であり、中でもEPAは血液をサラサラにしてくれる効果が期待できるのです。また海藻類のもずくなどもコレステロールを下げる食事メニューとして積極的に取り入れたいものなのです。またこうした下げる食事メニューと共にカテキンを豊富に含む濃い目のお茶などを一緒に飲みたいものです。血液をサラサラにし、コレステロールや中性脂肪の蓄積を抑制し、脂肪燃焼効果も期待できダイエット効果も期待できるようになるのです。またコレステロールが蓄積し易い人の場合は、食事を摂取する順番にも気をつけたいものです。最初は野菜などの食物繊維、次いでタンパク質の青魚、そして最後にお米の炭水化物という順番で食事をとりたいものです。そうすることにより急激な血糖値の上昇を抑え、太りにくくなるのです。

大人気の記事


このページの先頭へ戻る