コレステロールを下げる効果的な食材《コレステロール値対策ナビ》

コレストロールを下げるために効果的な食材には、水溶性の食物繊維が含まれているのが特徴です。水溶性の食物繊維で代表的なものにはペクチンがあります。また、コンニャクに含まれるグルコマンナンもあります。ペクチンはリンゴなどの果物類に多いものです。また、野菜類にも含まれています。

食事をするときには、コレステロールや血糖値の上昇を抑制するために、水溶性食物繊維を含む野菜サラダなどを先に食べるのが効果的です。炭水化物は後から食べるようにすることで、コレステロールの上昇を抑えて太りにくい食事にすることができます。コレストロールを下げるために効果的な食材は、積極的に食べるようにすれば、生活習慣病の予防を促進することが可能になります。

コレステロールを下げる働きのあるリンゴは、皮ごと調理をして食べることが大切です。温州みかんの内果皮の部分やフラベドの部分にもペクチンが含まれるため、無駄にしてはいけません。果物類は食べ過ぎては糖分の摂り過ぎになるものですが、適度に食べればコレステロールを下げる効果的な食材となります。

コレステロールを下げるためには、主食を白米から玄米へと変えることも有効です。玄米には水溶性と不溶性の食物繊維が同時に含まれているもので、便秘予防の効果もあります。主菜としては、良質な油を含む青魚類を食べることも大切です。ビタミンEが豊富なゴマを食べることも健康のために役立ち、コレステロールの上昇を防ぐためにもなります。

大人気の記事


このページの先頭へ戻る