コレステロールが《低い食材・少ない食品》ランキング一覧♪

コレステロール値が高くなると、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病、がんなどになりやすくなってしまいます。
コレステロールにはHDLと、LDLがあります。
LDLは、肝臓で合成されたコレステロールを血管内を通って全身に運んで、細胞膜やホルモンの合成に使われます。しかし、血中内に多くふえていしまうと、血管内の壁に付着してしまい、血液の流れを悪くします。血液の流れが悪いと、動脈硬化の原因となります。HDLは血管に付着したコレステロールを取り払って肝臓に運んでくれる働きがあります。
病気にならないようにするためには、毎日の軽い運動と、コレステロールの低い食材中心の食生活への改善が必要です。
たっぷり油を使った料理や、糖質が多く含まれている食事は避けるようにしましょう。
HDLを増やし、LDLを減らす効果がある、一価不飽和脂肪酸が含まれているコレステロールの低い食材には、オリーブ油、なたね油、調合サラダ油、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、牛、豚、鶏肉の脂肪分などがあります。
ただし、マカダミアナッツは摂りすぎると中性脂肪が増えてしまいますし、牛、豚などの肉には飽和脂肪酸が含まれていますので偏った食事はよくありません。
食物繊維が多く含まれているコレステロールが低い食材もおすすめです。
豆や果物、玄米などは、中性脂肪も下げる効果もあります。
病気にならないためにも、これらの食材をバランスの良く摂取できる食事を心がけましょう。

大人気の記事


このページの先頭へ戻る