悪玉コレステロールを下げる飲み物一覧※炭酸飲料はどう?


増え過ぎると動脈硬化などの命にかかわる病気を引き起こす可能性の高いコレステロール。
日本人では男性は30代から、女性は50代から、2人に1人がコレステロール値に問題があるといわれています。
ストレスや遺伝的な場合もありますが、食べ過ぎ・飲み過ぎといった食生活の乱れが主な原因とされています。

 

コレステロールと炭酸飲料

炭酸飲料はのどごしがよく、暑い夏などに飲みたくなりますよね!
しかし、炭酸飲料には1缶に角砂糖がおよそ9~10個入っているといわれています!
1缶の炭酸飲料水を飲み干すことは、角砂糖を一気に9~10個食べているということになるのです!

炭酸飲料は飲み過ぎてしまうと中性脂肪が増える可能性が考えられます。
中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えてしまうといわれています。そのためコレステロール値が高くなり、動脈硬化も進んでしまうのです。

 

コレステロールを下げるために飲むと良いものは?

野菜・果物のジュース


コレステロールを下げるには、野菜ジュースや果物ジュースを飲み物として毎日のように飲むことが極めて効果的です。
※しかし、糖分や塩分の多いものは避けましょう!

 

コレステロールを下げるには、野菜類や果物類を沢山食べることが欠かせませんが、野菜はかさばるものですから、大量に食べることは難しいですよね。

 

野菜不足で高脂肪の食事をしていれば、生活習慣病にかかる危険性が増大するため、工夫をして野菜から多糖類を摂取できるようにしましょう!

 

繊維を摂取するとなお◎

サラサラした野菜ジュースよりも、繊維が残っていてとろみがついたものが最適です。

 

もし自分でジューサーで作るなら…

ジュースに使う野菜は、トマトにしてもニンジンにしても、皮を捨てないでそのままジュースにすることで健康的な飲み物になります。
皮の部分にも水溶性食物繊維のペクチンが豊富です。

 

ジュースは飲みにくい…という方には、スムージーがおすすめ♪

>>今すぐミネラル酵素グリーンスムージー!

 

緑茶


緑茶には様々な健康成分があります!
普段から砂糖がたくさん入っている炭酸飲料などをよく飲んでいる人は
無糖の緑茶に変えるだけでかなりの体質改善に効果が期待できるのではないでしょうか。
緑茶に含まれるカテキンという成分は、食事中のコレステロールの吸収を抑えると考えられています。

しかも、カテキンは悪玉コレステロールだけを低下させ、善玉コレステロールには影響しないという優れた特性を持っているそうです!

 

豆乳


コレステロールを下げる飲み物の一つとして豆乳も注目されています!
コレステロールに含まれる大豆たんぱく質が、コレステロールを下げる効果を持っているといわれているそうです!
豆乳にはダイエットや美肌、便秘改善にも効果があるとされているので、健康と美容のために飲むこともおすすめです!

 

 

コレステロールを下げるのに効果的な飲み物と飲み方

食前

水溶性食物繊維が豊富な野菜ジュースを食事の直前に飲んでから肉類やご飯類を食べることで、コレステロールの吸収を抑えて血糖値を安定させるのに効果的です♪

食事中

緑茶は、食事と一緒に飲むことでコレステロールの上昇を抑えるのに効果的♪

間食など

間食時は、豆乳を飲むようにしましょう♪温めてソイラテにしてもおいしいですね(^^)
シチューなどの料理に取り入れる方法もオススメです!

 

大人気の記事


このページの先頭へ戻る